近所の病院で感じたこと

以前のことですがプラセンタで大阪の福永記念診療所でお世話になったことがありました。そのとき利用した病院でのことですが近所ではそれなりに大き目な透析では人気の府下病院へ通院したんです。ただ診察をしたときに医師と看護婦が何かこうイチャイチャと言うわけではありませんが余計な話ばかりしてたのを覚えてます。
そのときに私が感じたことは一応私は患者なのでもう訪問で人気の県下では病院といえば少し診察をする姿勢と言うものをちゃんとして欲しいなと思いました。それもあって他の病院を利用するようにしてるのですが腎臓病を発症・悪化させる危険因子とは私の家からだとかなり離れてるため電車で移動して行かなければいけません。ですが他の病院では専門医が教える脳卒中の治療法ってどんなもの診察をして詳しい話なども聞いてくれますので私の家の近くの病院は本当に患者に対して適当なんだなと改めて思います。
もしかすると人を見て判断してるのか、それとも症状の軽い人は適当なのかもしれません。何れにしても病院と言うのは患者の症状を詳しく聞いて治療する場所ですからもっとしっかりとして欲しいなと思います。