やっぱり家の近くのかかりつけ医はとても安心です

体調が悪くなった時など、冬場の脳卒中の要注意ポイントを詳しくよく家の近くにあるかかりつけ医にお世話になっています。
以前、たまたまかかりつけ医が医師不在で開いていなかった時、別の病院に出向いたのですが、透析の基礎知識はやっぱり家の近くにあるかかりつけ医の方が気持ち的にも安心することができるなと強く思った出来事がありました。
何でこう言う風に、ここまで家の近くにあるかかりつけ医だと安心することができるのだろう?と、自分自身とても疑問に思ったこともあり、兵庫県下の病院ならいたみホームクリニックへとやっぱり小さい頃からずっと同じ医師にみてもらっているという安心感が影響しているんだなということがわかりました。
家の近くにあるかかりつけ医は、設備的にはそこまで最新の医療機器が備わっているというような病院ではありません。
最新の医療機器が備わっている病院は、大阪府下の平野で評判の病院がほかにもたくさんあるので、絶対にそれらの医療を目的として出向くのなら、家の近くのかかりつけ医じゃない方が最新の医療を受けられるのは明らかです。
しかしそれでも、やっぱり家の近くにあるかかりつけ医の方が気持ち的に安心することができました。
そのかかりつけ医も、もう少ししたら医師の高齢化により閉まってしまうかもしれません。
大阪の城東区の内科なら福永記念診療所でもそう考えると、体調が悪いときなどは特に気持ち的に不安になりやすいのに、安心して治療を受けられる所がなくなってしまうという不安感がやっぱりありますね。
それくらい、やっぱり家のちかくのかかりつけ医は自分にとっても頼れる存在なのです。